今週の注目感染症 2021 年 10 週 (3 月 2 週 3/8~3/14)

◆新型コロナウイルス感染症について【厳重警戒宣言発出中】
 愛知県では、2 月末の緊急事態宣言の解除後も、感染の再拡大を防止するとともに、第 3 波の終息に向け、「厳重警戒宣言」を発出するとともに、3 月 21 日まで「愛知県厳重警戒措置」を実施しています。
 県民の皆様には、
  「① 不要不急の行動の自粛」
  「② 県をまたぐ不要不急の移動自粛」
  「③高齢者等への感染拡大の防止」
  「④基本的な感染防止対策の徹底」
 事業者の皆様には、
  「⑤ 営業時間短縮と感染拡大予防ガイドライン等の徹底」
  「⑥ テレワークの徹底等」
  「⑦職場クラスターを防ぐ感染防止対策」
  「⑧イルミネーション等の早めの消灯」
 その他
  「⑨イベントの開催制限等」
  「⑩3 月・4 月に行われる行事等での対策」
  「⑪学校等での対応」
 をお願いしています。
〇愛知県「厳重警戒措置」の延長
 >>詳細はこちら

 愛知県での患者(3 月 14 日報道発表日分まで)は、前週から288 名増加し、累計は 26,479 名です。
〇発生状況
 >>詳細はこちら

【新型コロナウイルス感染症の届出について】
〇届出基準(2 月 13 日改正)
  >>詳細はこちら
〇発生届(2 月 10 日改正)
 >>詳細はこちら
〇「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き(第 4.2 版)」
 >>詳細はこちら

【参考ページ】
 新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)
 >>詳細はこちら
 愛知県新型コロナウイルス感染症対策サイト(愛知県)
 >>詳細はこちら

◆重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について
 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、主にウイルスを保有するマダニに咬まれることにより感染します。
SFTS の症例は、これまで西日本を中心に報告されていましたが、今般、静岡県で初めて確認されました。
【参考ページ】重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の国内での発生状況について(厚生労働省)
 >>詳細はこちら


【愛知県感染症情報センターより参照】
(2021年3月18日更新)